Our Statement

さまざまな理由で出身国に留まることが出来ずに日本を訪れ、生活している人々がいます。
しかしながら、諸外国にある移民局に相当するような機関が日本にはありません。
出入国管理や難民認定などの厳しい管理制度を、法務省・出入国在留管理庁(以下入管)が運用しています。
RDTOではこれまで、出入国在留管理庁(以下入管)をはじめとして、警察庁・法務省・厚生労働省の三省庁が行う、2020年東京オリンピック開催に伴う外国人への取締り強化(*1)に対して疑問視してきました(*2)。
近年は、拷問とされる無期限の長期収容や入管収容施設のプライバシーのない環境・ハラスメント(*3)、トランスジェンダーに対する差別(*4)、医療へのアクセスの困難(*5)、暴力(*6)、ハンガーストライキ、被収容者の死亡(*7)などの問題が深刻化ており、国際機関からも指摘を受けています。(*8)
2021年2月19日現在、事態は現政府・入管によって閣議決定された出入国管理及び難民認定法の改正案(以下「政府案」といいます。)(*9)の劣悪さにに至っており、RDTOはこれに対応する形で出された野党案(*10)に賛同する形で、政府案の廃案を求めるため、情報収集・配信し、周知を促すことを目的としています。

1「不法就労等外国人対策の推進(改訂)」警察庁法務省厚生労働省警察庁・法務省・厚生労働省の三省庁(2018年年4月26日)http://www.moj.go.jp/isa/publications/press/nyuukokukanri09_00042.html
*2 RDTO "Our Statement "(9月2019年)https://www.rdto.org/p/about.html
*3『「裸見たと言われた」収容女性の訴え 入管は否定 議員グループ「ビデオ開示を」』毎日新聞(有料記事)(2020年5月28日) https://mainichi.jp/articles/20200528/k00/00m/040/174000c
*4「1人部屋に隔離、ホルモン投与認められず 入管に収容されたLGBTの処遇改善を 」東京新聞Web(2020年3月3日) https://www.tokyo-np.co.jp/article/17657
*5「入管収容中にカメルーン人男性死亡 遺族が国など提訴」朝日新聞デジタル(2017年10月2日) https://www.asahi.com/articles/ASKB24SLJKB2UTIL00Z.html
*6 「制圧行為による骨折等について入管が謝罪!再発防止も約束!」暁法律事務所(2020年10月02日)https://www.ak-osaka.org/%E5%85%A5%E7%AE%A1%E5%95%8F%E9%A1%8C/16410/
*7 大村入国管理センター被収容者死亡事案に関する調査報告について」出入国在留管理庁(2019年10月1日) http://www.moj.go.jp/isa/publications/press/nyuukokukanri09_00050.html
*8 Deniz YenginとHeydar Safari Diman(日本)に関する意見58/2020(※恣意的拘禁作業部会による意見の日本語訳)(PDF)
人権理事会/恣意的拘禁に関する作業部会 https://drive.google.com/file/d/1pQaZKnY3i4e7dYQ7uYKOWFV4_NKNj-74/view?usp=sharing
Opinion No. 58/2020 concerning Deniz Yengin and Heydar Safari Diman (Japan)(原文)(PDF)
Human Rights Council/Working Group on Arbitrary Detention https://www.ohchr.org/Documents/Issues/Detention/Opinions/Session88/A_HRC_WGAD_2020_58_Advance_Edited_Version.pdf
*9 政府案:出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律(案)[PDF] http://www.jlnr.jp/jlnr/(全国難民弁護団連絡会議 WebPage)
*10 野党案:難民等の保護に関する法律(案),出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律(案)[PDF] http://www.jlnr.jp/jlnr/(全国難民弁護団連絡会議 WebPage)

3月.2021

 


2020年、東京オリンピックが開幕します。 IOCは人間の尊厳を重視する方針を掲げ、難民チームを結成していますが、近年の日本における入国管理局の外国人収容は長期化する傾向にあり、難民をはじめとする在日外国人の複雑な背景や現状に考慮する余地も見受けられません。また、施設内の環境や収容者の扱いは、劣悪と言っても過言ではなく、収容者によるハンガー・ストライキも誘発しています。 RDTOは、これらの入国管理局の収容に関わる情報を集めて配信し、周知を促すことを目的としています。

 オリンピック憲章は、人間の尊厳の保持に重きを置く平和な社会を奨励することを目指し、スポーツを人類の調和の取れた発展に役立てることを求めます。リオ五輪に続き、東京五輪でも、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)が認定した難民で構成される難民チームが参加し、世界中の難民に希望を示そうとしています。
 ところが、日本の東京都、茨城県、大阪府、長崎県にある、入管の収容所には、今、何百人もの難民申請者が拘束されています。
 法務省は、「東京オリンピック・パラリンピックの年までに安全・安心な社会の実現を図る政策」の一環として、難民認定されなかった者を「濫用的に難民申請を行う者」とみなして、殺人や強盗など重大犯罪で罰せられた外国人などと並べて、命の危険があるほどの健康状態でない限り解放(仮放免)しないことに決め、社会から隔離しているのです。日本政府は難民申請のうち1%も難民認定をしておらず、UNHCRが難民と認定した人でも強制送還するような厳しい不認定判断をしています。だから99%以上の難民申請者は無期限に収容されるか、収容される危険にさらされています。  オリンピックが近づくにつれて、収容所から解放される人が希になっています。収容所では、すでに2年間、3年間も拘禁され、それでも解放される予定がないたくさんの難民申請者が、絶望と恐怖に苦しんでいます。頻繁な自傷行為、自殺した人、死ぬまでハンガーストライキを続けた人もいます。また、病気になっても十分な治療を受けられずに死んだ人もいます。抗議と制圧が日常的にあります。
 このような非人道的な扱いは、オリンピック・パラリンピック難民チームが象徴する、難民への世界の人々の共感を、辱め、踏みにじっています。 日本政府は、難民申請者を隔離対象から外し、長期間収容を即時に止めて、彼らを収容所から解放して下さい。そして外国人収容制度の見直しを始めてください。
 IOC、JOC、東京都その他のオリンピック・パラリンピック関係者、そしてオリンピック・パラリンピックを愛する世界の皆さんは、オリンピック・パラリンピックの理念が東京で汚されることがないよう、日本政府に働きかけて下さい。
 難民チームの皆さん、来日するときは気をつけてください。日本政府はUNHCRの難民認定を尊重しません!

9月.2019

In 2020, the Tokyo Olympics will begin.OC has a policy of placing emphasis on human dignity and has formed a refugee team. However, detention of foreign residents has tends to be prolonged by the immigration bureau who do not take into account the complicated background and current situation of refugees and other foreigners in recent years in Japan.In addition, it is not an exaggeration to say that the environment in the facility and the handling of the residents are inferior, and a hanger strike by the inmates is also induced.The purpose of the RDTO is to collect and distribute information related to the Immigration Bureau, and to promote awareness.

The Olympic Charter declares to “promote a peaceful society concerned with the preservation of human dignity” and, to attain the goal, sport is placed “at the service of the harmonious development of humankind.”
The Tokyo Olympic and Paralympic Games will follow suit after the Rio de Janeiro Olympic Games and a refugee team, consisting of refugees recognized by the UN High Commissioner for Refugees (UNHCR), will compete in the Games to give hope and courage to all refugees around the world.
On the other hand, in Japan hundreds of asylum seekers have been confined in the detention centers of the Immigration Services Agency of Japan located in Tokyo, Ibaraki, Osaka and Nagasaki. The Ministry of Justice, as part of “its policy to create a safe and peaceful society by the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games,” the Ministry makes it a principle to consider asylum seekers whose refugee status has been once denied to be the “abusers of the refugee application system” and socially isolate them. That is, the Ministry will not discharge them (to grant provisional release) so long as their health conditions are not deadly as if they were people who have committed major crimes such as murder and burglary. The Japanese Government applies extremely rigid and rigorous rules to refugee screening and recognizes only less than 1% of asylum seekers as refugees. Even those who have been identified as refugees by UNHCR can be forcefully deported. This means, more than 99% of asylum seekers in Japan will, or may, be detained indefinitely.
As the Tokyo Olympic and Paralympic Games draw closer, the detainees rarely get released. In the detention centers, there are people who have been confined for a few years and yet can see few rays of hope to be discharged. They are driven to despair and fear by seemingly unending confinement. Among detainees, there are always some who harm themselves: some have committed suicides or continued hunger strikes until their deaths. Moreover, there are people who have passed away due to insufficient medical treatments. Struggle and oppression are ordinary scenes.
Such inhumane treatments in Japan hurt the public feelings of sympathy towards refugees around the world symbolized by the participation of a refugee team in the Olympic and Paralympic Games.
We strongly and earnestly request the Japanese Government to exclude asylum seekers from the isolation policy and stop immediately their long-term confinement by releasing them from the detention centers. Then, it is required to start reviewing its confinement system of foreign people. At the same time, we ask each and every individual of IOC, JOC and the Tokyo Metropolitan government, those concerned with the Olympic/Paralympic Games, and Olympic/Paralympic lovers to make an appeal to the Japanese Government not to disgrace the Olympic and Paralympic philosophy. Lastly, we would like to warn all the members of the Olympic and Paralympic refugee team to pay heed: the Japanese Government does not respect the refugee status recognized by UNHCR!

Sep.2019